DX基礎知識 用語解説

GビズIDとは

概要

「GビズID」とは、1つのアカウントで様々な行政のサービスを利用できるサービスです。

「gBizID」と表記される事もあります。

社会保険手続きの電子申請、IT導入補助金の電子申請、ミラサポplus、DX推進ポータルなど、多くのサービスで活用されています。


アカウントは3種類

gBizIDには以下の3つがあります。

  • gBizIDプライム : 会社代表者・個人事業主が対象で、書類審査が必要だが、使用可能な行政サービスが多数
  • gBizIDメンバー : gBizIDプライム取得組織の従業員が対象。書類審査は不要だが、使用可能な行政サービスには制限がある
  • gBizIDエントリー : 事業者であれば誰でも申請可能。書類審査は不要だが、使用可能な行政サービスには制限がある

補助金申請に必要で、ID発行には時間がかかる

gBizIDプライムは、IT導入補助金をはじめとした補助金の申請に必要なIDです。

国や自治体の補助金を検索して申請できる国のポータルサイトに「jGrants」がありますが、このサイト経由での申請にもgBizIDプライムが必要になります。

jGrantsはgBizIDメンバーでも利用できますが、このアカウント発行にはgBizIDプライムが必要です。


gBizIDプライムは、申請書類に不備がなければ1週間程度でアカウントが発行されますが、不備があれば審査にそれ以上の時間がかかります。

また、多数の申請があった場合も審査に時間を要します。
過去にも問い合わせや申請が増えた際に、申請に要する日数が通常以上必要になった事がありますので、補助金申請を考えている方は、余裕を持って申請することをオススメいたします。

GビズIDで利用可能なサービス

以下のようなサービス・申請がGビズIDで利用できます。

  • IT導入補助金
  • 金融庁電子申請・届出システム
  • 経営力向上計画申請プラットフォーム
  • jGrants
  • DX推進ポータル
  • ミラサポplus
  • みらデジ
  • 自治体が提供するサービス

以下のページで利用可能な全てのサービスを確認できます。


「DXマガジン - DX基礎知識」の最新記事

無料のDX相談が始まりました! 企業のDX推進をサポートしていくための無料の相談・診断サービスを開始しました。
詳細ページへ