DX基礎知識

DX銘柄とは

概要

DX銘柄は、経済産業省と東京証券取引所がDXに取り組む企業を選定する制度のことです。

これは、日本企業の戦略的なIT利活用の促進を目的に、2015年にスタートした経済産業省と東京証券取引所による共同の取り組みです。

もともとは「攻めのIT経営銘柄」の名称で、東京証券取引所に上場している企業で、かつ経営革新、収益や生産性の向上に貢献する積極的なITの活用を行っている企業が選定されてきました。

2020年からは、この選定制度が「デジタルトランスフォーメーション銘柄(DX銘柄)」として生まれ変わり、"ビジネスモデル等を抜本的に変革し、新たな成長・競争力強化につなげていく「デジタルトランスフォーメーション(DX)」に取り組む企業"を選定する取り組みになりました。

「DX銘柄」の選定企業の中から、とりわけ素晴らしい取り組みを行っている"デジタル時代を先導する企業"を「DXグランプリ」として選定しています。

また、DXの裾野を広げていくという目的から、DX銘柄に選定されなかった企業の中からも、注目すべき取り組みを行っている企業を「デジタルトランスフォーメーション注目企業(DX注目企業)」として選定しています。

選定要件

DX銘柄に選ばれる要件としては、東京証券取引所に上場している企業であることと、DX認定制度の認定企業であることが挙げられます。

その中から、特筆すべきDXの取り組みを行っている企業がDX銘柄、DXグランプリとして選定されます。

制度の詳細は、以下の公式ページもご覧ください。

「DX銘柄」「攻めのIT経営銘柄」とは (METI/経済産業省)


  • 関連情報DX認定制度に関しては、以下の記事で詳しく解説しています。
    DX認定制度とは
  • 関連情報DX銘柄の評価基準は、デジタルガバナンス・コードに掲載されている「望ましい方向性」「取組例」です。
    デジタルガバナンス・コードについては、以下の記事もご覧ください。
    デジタルガバナンス・コードとは

過去の選定企業

これまでの選定企業は、経済産業省のDX銘柄のページにまとめられています。

デジタルトランスフォーメーション銘柄(DX銘柄) (METI/経済産業省)

DX推進のための無料相談サービス

一般社団法人DX NEXT TOHOKUでは、組織のDX推進を支援するための無料相談・分析サービスを行っています。

「DXに取り組みたいけど何から手を付けてよいか分からない」、「DXに取り組んでいるが思うように進まない」等、DXに関するお悩みをお持ちの方、ぜひお申込みください。

詳細は以下のページから御覧ください。

DX無料相談・診断サービスの詳細

関連記事

「DXマガジン - DX基礎知識」の最新記事

無料のDX相談が始まりました! 企業のDX推進をサポートしていくための無料の相談・診断サービスを開始しました。
詳細ページへ